教育
小・中併設
特色ある教育課程
日常の中の特色ある教育活動
本校は、同一敷地内に小学部・中学部を併せ持つ在外教育施設です。また、タイ国学校法に基づくタイの私立学校でありながら、タイ教育省から日本の文部科学省が定める「学習指導要領」に準じて教育課程を編成することが許されています。

1. 土曜登校日

本校では、小学部4年生以上から、月1~2回の土曜登校日を設定し、授業時間を十分確保しています。

2. 小中併設を生かした指導

小学部3~6年生 英会話の授業においては、中学校での英語指導の経験をもつ教員が授業に加わり、安心して授業が受けられるようにしています。
小学部5年生 理科・図工・家庭科にも専科教員を配置しています。また、算数科では、1学期はTT(ティームティーチング)、3学期は習熟度別少人数学習、を導入して、個に応じたきめ細かな指導の充実を図っています。
小学部6年生 教科担任制を導入して、より専門的な学習指導を展開しています。中学校での学習へ円滑に接続できるようにし、小中一貫して学力向上ができるようにしています。
中学部1年生 各教科において、基礎・基本の定着と個に応じた指導に力を入れて、学力の向上を図っています。

3. 海外(タイ)ならではの指導

日本語力の保持・向上

小学部全学年で、朝学習の時間を使って「日本語特別(ことばの時間)」の指導を実施しています。主な内容は、漢字やことばのきまり、言語事項の復習や作文等表現力の向上をねらいとしたものです。

また、「朝の読書タイム」「朝読書」を設定し、本に親しみ、すすんで読書に取り組む態度を養っています。図書館や学級文庫には多くの蔵書があり、子どもたちはいろいろなジャンルの読書を集中して行っています。

水泳指導・体力づくり

常夏の気候を生かし、1年を通して水泳授業を実施しています。担当する教員と水泳コーチが一緒に指導します。したがって、本校の子どもたちは高い泳力を養うことができます。その泳力を試す場として、小学部5年生では、臨海学校で遠泳を行います。

また、体力づくりの一環としてスポーツ大会を開催するなど、工夫を凝らした取り組みを行っています。

タイに住むよさを生かした学習の展開

小学部1、2年生の生活科の授業、また3年生以上の総合的な学習の時間や社会科の学習においては、タイ国の歴史や自然・文化、タイ進出の日本企業等のよさを最大限に生かせるような学習を展開しています。それぞれが設定した課題を、生の情報にふれながら追究することができるので、より深い問題解決学習ができます。

また、現地心身障がい乳幼児施設等へのボランティア活動に全校あげて取り組んでおり、タイ国理解にもつながっています。