教育
情報教育(ICT)
1. 情報教育の必要性
社会の情報化が世界規模で進展する中、教育現場には、情報化社会をたくましく生きるために必要な基礎的な力と情報を活用した豊かな表現力の育成が望まれている。今後も情報化は加速すると予想されるため、児童生徒一人一人が生涯にわたって情報を主体的に選択・活用し、自らの課題を解決していくことのできる資質・能力の育成に努めなければならない。
学校教育においては、確かな学力の定着を図るための指導事項の一つとして「コンピュータを活用した指導」が示されている。また、学年の発達段階に応じた「コンピュータ操作・活用能力」を身に付けさせ、各教科・総合的な学習の時間において、コンピュータ、周辺機器、情報通信ネットワークなどのICTの活用を意図的・計画的に位置付ける必要がある。
本校においては一人1台の環境はもとより、校務による情報化が進み、快適なネットワーク環境が整ってきている。今後は、教育用ソフト等も充実させ各教科等の基礎・基本の定着や調べ学習等の活動にコンピュータを活用することにより、学習指導の改善・充実を図っていきたい。また、高度情報化社会に生きる人間として、教師・児童生徒共に情報活用や情報発信などに関する基本的なルール(情報モラル)やマナーの大切さを身に付け、日常生活の学習に役立つ情報活用能力の育成に努めたい。
2. 情報教育の基本方針
(1) 情報教育推進の方法や内容等については、全職員の共通理解を図り、協力して推進する。
(2) 一人一人が情報教育の主体者であることを自覚し、授業実践等に取り組む。
(3) 情報教育にかかわる研修会の実施を通して、本校全ての教師がコンピュータを活用した授業が行えるようにする。
(4) 教師一人1台のネットワーク環境を生かし、さらに校務の情報化に努める。
3. 情報教育推進の6つの柱
(1) 本校のホームページの更新・管理と家庭・地域への情報提供(事務棟の掲示板含む)
• 本校の特色ある取り組みについての情報発信と家庭・地域との連携
(2) 情報活用能力の育成と情報モラルに関する指導の徹底
• 調べ学習などに実際に活用するための情報収集・情報処理・情報発信の力の育成、情報機器への接し方や情報社会での モラルに関する指導
(3) 教員研修(実技研修)の実施
• 授業でのコンピュータの活用と教材・校務情報等の共有化のための研修
(4) 各教科・総合的な学習に役立つコンピュータ・リテラシーの育成
• 学習に活用するための基本的な機器操作技能と情報検索能力の育成
(5) 各教科の基礎・基本を身に付けさせるためのコンピュータの活用
• 各教科の学習内容の習熟や補習指導のための教育用ソフトの活用
(6) セキュリティ対策
• ウィルスやハイテク犯罪から守るため、定期的にセキュリティ対策を行う。
4.情報教育目標
自然や人、もの、地域(現地)とかかわる中で、問題解決に必要な情報を主体的に収集しそれらを適切に処理・判断し、分かったことや考えたことを情報機器を活用して発信することができる能力を育てる。
5.ICTを活用した活動例
(1)学年・学級経営
• 児童生徒一人一人の活動記録
• 集団の一員としての生活づくりに参画するための作品づくり
(2)各教科(活動例)
【国語科】新聞づくりなどの調べ学習
【社会科】インターネットを利用しての情報収集(新聞や地図などの作成)
【算数・数学科】図形、計算などの学習
【理科】植物、動物などの観察記録
【生活科】生活探検、自然観察の記録
【音楽科】コンピュータ音源を利用した演奏、作曲
【図画工作・美術科】描画ソフトを使ったお絵かき
【家庭・技術・家庭科】調理、被服、ものづくりなどにおける事前事後指導
【体育・保健体育科】動画を活用しての、運動領域の指導
【外国語(英会話・英語科)】音声面を中心として、コミュニケーション能力を育てる。
プレゼンテーションソフトでの発表、文書作成ソフトでのメールや手紙の作成

(3)総合的な学習の時間
• デジカメでの活動記録
• インターネットや電子メールによる情報交換、交流学習
• ホームページでの情報発信
• 情報機器の基本操作の学習
• プレゼンテーションソフトでの発表
(4)道徳
• コンピュータ社会でのモラル
• インターネットや電子メールを介しての人とのかかわり
• 著作権や個人情報に関する人権、プライバシー
• 情報機器やコンピュータ教室(図書館)を利用する上でのきまり
(5)特別活動
【学級活動】手紙などの作成
【児童会(生徒会)活動】全校への呼びかけ(ポスター作成など)、コンピュータクラブの活動
【委員会活動】ポスターなどの作成
6.SNS講習会
バンコク校では平成29年から、中学部1年生を対象にLINE株式会社の講師を招き、情報モラル啓発ワークショップを行っています。コミュニケーションのあり方を「自ら考え」、「ゲーム要素」のある授業スタイルで、「よくある事例」を用いた実践的学習を進めています。今後は、小学部5・6年生と中学部を対象に講演会を実施する予定です。